【女性が解説】好きだけど別れる女性心理は?彼女の真意を紐解きます

好きだけど別れる女性心理
好きだけど別れるという女性は、一体何を考えてるのだろう…?

カップルが交際を長く続けていくと、さまざまな破局の危機に遭遇します。

なかには「好きだけど別れたい」と考える女性も。

彼女から「好きだけど別れたい」と切り出された場合、すぐに理解できる男性は少ないですよね。

  • どうしても彼女と別れたくないから、対処法を知りたい!
  • 女性が考える「好きだけど別れる」には、どんな理由があるの?
  • 彼女が言う「好きだけど別れる」の言葉をそのまま受け取っていいの?

今回は、上記の疑問を解決する内容になっています。

女性目線で、好きだけど別れる女性心理について解説しますね

本記事の内容

  • 好きだけど別れる女性心理【別れを切り出す理由】
  • 「好きだけど別れたい」の言葉に隠された彼女の真意
  • 彼女に別れを切り出されたときに男性がとるべき対処方法

本記事では女性視点から、好きだけど別れる女性心理について解説します。

いわゆる女性アドバイザーではなくリアルな女性の意見を述べるので、参考にしてくださいね。

まずは、好きだけど別れる女性心理を細かく分析していきますよ。

Check

夜が寝れないほど悩んでいるなら、ココナラで相談してみましょう。

誰かに話すことでスッキリしますし、専門家に相談することで、第3者からの解決策を聞くことができます。

人気のカウンセラーに格安で相談できるので、ぜひ活用してみてくださいね

初めてなら初回30分無料 

ココナラで相談してみる

恋愛相談はどこでするのがいいの?
【無料あり】恋愛相談はどこでするのがいいの?悩み解決できるサービスまとめ

続きを見る


好きだけど別れる女性心理とは?

好きだけど別れる女性心理とは

好きだけど別れる女性心理には、あらゆる問題や事情が気になっていることがほとんどです。

男性からすると思いもよらない理由があるかもしれません。

もちろん別れを切り出す理由は人によって異なりますが、今回は7つのパターンを紹介します。

さき
好きだけど別れる理由のなかには意外なパターンもあります。

一緒に居て疲れるから離れたい

恋人にやすらぎや癒しを求める女性は、一緒に居て疲れる男性とは離れたくなります。

特に俺様気質で束縛が厳しい人だと破局あるある。心当たりのある男性は要注意です。

ほかにも、こんなときに女性は男性に対して「疲れた」「離れたい」と感じますよ。

  • 自分をよく見せようと頑張りすぎてしまう
  • ネガティブな男性を励ますことに疲れてしまう

ふたりの時間は限られているため、女性は自然体で穏やかに過ごしたいと考えているのです。

自分が嫌になって付き合う自信がなくなった

彼氏ではなく、彼女自身の問題で好きなのに別れを切り出すことがあります。

接するなかで自分の悪いところが出て、交際を続ける自信をなくしてしまうことも。

  • 最近喧嘩ばかり…
  • なんで私ってこうなんだろう…
  • 他の女性にとられたらどうしよう…

彼氏がモテるタイプだと、もともと交際に不安を抱いている女性もいますね。

彼女の不安を減らすには、日々のコミュニケーションが大切です。

忙しくても、朝と夜に1回はLINEで挨拶するだけでかなり心象は変わりますよ。

さき
でも、あまりにマイナス思考だとメンヘラ彼女の可能性が…。

結婚してくれないから

結婚を重要視している女性は、何年も付き合って結婚する素振りがないと気持ちが離れてしまいます。

出産には年齢が影響してくるため「将来がみえない相手に時間を費やすことは無駄」と考える女性も多いのです。

  • 結婚情報誌を部屋に置かれる・読んでいる
  • 「最近友達が結婚ラッシュで…」と切り出される
  • 家族に会ってほしい・会いに行きたいと言われる

上記はプロポーズ待ちのアピールで間違いありません。

特に子育てを視野に入れた結婚には、タイムリミットがあることを十分理解しておきましょう。

そのうえで、適切なタイミングでプロポーズを行えば破局リスクを回避できますよ。

好きすぎて辛いから

好きすぎて辛いという理由は一見矛盾を感じますが、意外とあり得る破局理由です。

男女で気持ちのギャップ、連絡や行動といった行動のギャップが生まれると起きやすいもの。

交際のきっかけが女性からのアプローチだと、自分が本当に相手と釣り合っているか不安を感じている可能性が高いです

  • 何かのお礼・お返しが大きい
  • スケジュールを把握したがる
  • ルールが厳しい・束縛が激しい

いずれかに当てはまる女性は、愛情が強い傾向にあります。

お礼やお返しの大きいと感じる目安は、食事を奢ったらハイブランドの小物が返ってくる…くらいで考えてください。

同じ価値観かどうかのすり合わせは、普段のコミュニケーションで行いましょう。

さき
日ごろの愛情表現やケアが大切ですね。

浮気が許せないから

浮気をされても許せる女性は実際一握りで、一発アウトと考える女性も少なくありません

  • 好きじゃなくなった
  • 呆れ・諦めの気持ちになった

将来まで考えている女性だと、浮気で気持ちが冷めるのはよくあることです。

仮に何回か浮気を許しても「これ以上傷つきたくない」と限界を感じ、別れを切り出すケースもありますよ。

一度ついた浮気癖は簡単に治りませんからね。

さき
常習犯になる傾向も強いので、別れを切り出されても仕方なし。

遠距離になって付き合うのが難しいから

進学や仕事の転勤など、遠距離恋愛を強いられるカップルも数多く存在します。

物理的な距離が生じることで会える時間が限られ、付き合う自信をなくしてしまうといった声も

  • 休みをとらないと会いに行けない距離
  • いつ帰ってくるか期限がわからない単身赴任など

短期留学くらいならともかく、上記に該当するなら少し注意したほうがよさそうですね。

難しい遠距離恋愛において、女性は連絡を取り合うことを大切にしたいと考えます。

女性によっては毎日声をききたい人もいますが、相手を束縛するのが申し訳ない気持ちから別れを選ぶのかもしれません。

価値観が違うから

一緒にいる時間が増えていくと、相手のことが分かってくるでしょう。

お互いの好きなものや物事の考え方が真逆だと、時には交際の障害になりますね

なかでも下記の価値観は生活に直結するので、同棲や結婚を視野に入れている女性に重要視されがちです。

  • 交友関係
  • 金銭感覚

愛情はあるけれど、受け入れがたいことがあって別れを切り出す場合もあるのでしっかり覚えておくこと。

さき
バンドで例えると「方向性の違いで解散」でしょうか。

以上の7つの理由が「好きだけど別れる」という結論に辿り着きます。

ただ実際には、直接理由を言うことはなく、理由をはぐらかす傾向にありますね。

好きだけど別れるって言葉には、必ず裏があると思っていい

好きだけど別れるって言葉には必ず裏があると思っていい

「好きだけど別れる」の言葉には色んな意味が込められており、女性の真意が隠されています。

彼女の本音と建前は違いますからね。ですので、場合によっては破局を回避できるかもしれません。

「好きだけど別れたい」と切り出されたとき、もし別れたくないのであれば相手の真意を探るべきでしょう。

さき
自分も好きなら、あっさり別れを認めるわけにはいきませんよね。

逆に本音が見えてこないと彼女の気持ちは戻らない

本音が見えてこないと、別れを決めかけている彼女の気持ちは戻りません。

まずは彼女の本音を知り、何が問題になっているかを突き止める必要があります。

男性サイドが別れたくないと思っていても、女性が不安視する問題を解決しないままだと交際は継続困難です。

さき
まずは自分に問題がなかったか、探ってみて原因を探ってください。
でも自分に何が悪かったのか分からないよ…。
さき
では、第三者に聞いてみるのがおすすめです。

彼女の気持ちを探るには、プロに相談するのも大事

彼女の本音を探るにはメンタル的背景も視野に入れ、慎重に行動しなくてはいけません。

当然、ストレートに「本当の理由はなに!」と問い詰めるのはNG。

拗れる行動は避けて、一旦状況を把握することが大切です

  • 相手と自分どちらの問題なのか
  • お互い冷静に話し合える状態なのか
  • 共通の友人に探りを入れられるかどうか
  • すぐに改善できる問題なのか時間がかかる問題なのか

最低でも上記のポイントを押さえて、話し合いに挑みたいところ。

ただ当人同士ゆえ、思わず感情的になってしまい、お互いの気持ちを曝け出すことも難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのがプロへの相談です。

 

もちろんプロに相談するのは、お金がかかってしまいます。

ですが周りの友達よりも客観的に判断してくれるため、納得しやすい結論を導きやすくなります。

プロならではの豊富な経験から彼女の気持ちを知ることができるので、彼女に対して最適な行動も見えてきますよ

»ココナラで相談してみる

 

破局の決定打がくる前に、自己分析と誰かに相談しておくのがいちばんです。

ただ、準備前に彼女から「別れたい」と言われる可能性も否めません。

もし別れを切り出されたときは、次に紹介する対処方法を試してみてください。

彼女に別れを切り出された時の対処方法3つ

彼女に別れを切り出された時の対処方法3つ

何か他に対処方法はないの?

女性が考える問題には、男性サイドで解決できないものもあります。

ただ何もせずにはいられない男性には、別れを切り出されたときにとるべき対処方法をお伝えします。

彼女とずっと一緒にいたいと考えるなら、しっかりおさえておきましょう。

さき
逆転ハッピーエンドが狙えるかも?

まずは彼女の話を良く聞く

本音を聞き出すためには、彼女の話をきちんと聞きましょう。

話を聞くうえで最も大切なのは、ひたすら聞き手に回ることです。

ただ、別れを決めた女性の本音を聞き出すのは簡単ではありません。

 

彼女の話に理解しがたい理由や不満に感じる発言があっても、下手な相槌と反論は逆効果です

根気がいるかもしれませんが、あらかじめ長期戦を覚悟して彼女の話を聞いてください。

しっかり目を見て、相手が息をつく間に「うん」「そうだね」と短い相槌を入れるのがポイントです。

さき
めんどくさいと思っても、顔に出すのはダメですよ。

話せないなら一旦、距離を置く

彼女の性格や別れを決めた理由によっては、まだ愛情があったとしても情緒不安定なことも。

お互いに落ち着いて話せる状態でないと判断したら、冷却期間で距離を置いてみてください

  • あのとき彼女を傷つけていたのか?
  • よく考えると、何が問題だったのだろう?
  • 先入観で物事を決めつけていたのかもしれない

連絡をとらず会わない時間を作ることで、そこまで深刻な問題ではないと思えるかもしれません。

そして、自分が犯したかも知れない過ちに気付くことができるのです。

リフレッシュした気持ちは、二人を再び引き寄せてくれます

関連記事【復縁】冷却期間中の女性の心理とは?心の移り変わりと期間別で解説

誠意や愛情を示す

明らかに男性に非がある場合は、きちんと誠意や愛情を示すことでチャンスがもらえることもあります。

思いやりのある行動や関係を改善したいという姿勢が彼女に伝わらなければ、おそらく交際を続けていくことは不可能です

彼女を本当に愛していて絶対に手放したくないのであれば、自らの過ちを反省し、改善する姿勢を見せてください。

  • 記念日を大切にする
  • 連絡や会う頻度を増やす
  • 過度な友達付き合いを控える
  • 「ごめんね」と「ありがとう」を欠かさず言う

浮気のケースには有効な対処方法とされる一方、他のケースでは逆効果になる可能性があるため注意が必要です。

逆効果のケースの一例には、不倫関係が挙げられます。

さき
不倫関係で本当の幸せをつかむことは難しいため、むしろ別れた方がいいでしょう。

別れを切り出されたときの対処方法までわかったなら、教えることはもうありません。

では、本記事で学んできた「好きだけど別れる女性心理」を総括しましょう。

彼女から好きだけど別れるのは原因が必ずある:まとめ

彼女から好きだけど別れるのは原因が必ずある

好きだけど「別れ」を選ぶには必ず理由があること、別れを切り出された場合の対処方法は理解できたでしょうか。

恋愛は愛情だけでは長続きできないため、多くのカップルはあらゆる破局危機にみまわれているのです。

想像もしなかったアクシデントに対してとったあなたの行動は、二人の関係に多大な影響を与えます。

【女性が解説】好きだけど別れる女性心理・対処方法まとめ

  • 好きだけど別れるという言葉には裏がある
  • やること①彼女の話をよく聞く
  • やること②一時的に距離をおいてみる
  • やること③自分に非がある場合は誠意と愛情を示す
  • 彼女の本音を聞き出すには、プロに相談するのもアリ

順調に交際を続けていたと感じても、自分に原因はなかったか、いま一度考えてみましょう

もし考えても分からない場合は、第3者を頼ることを選択肢にいれてみてください。

今後も彼女と一緒に将来を歩んでいくのか、あえて気持ちを残したまま別れを決断するのか。

 

どちらの結末を迎えるとしても、別れに納得ができない場合は彼女と話す時間が必要です。

本音を打ち明け、お互いの意思を尊重した最善の選択をすることを願っています

まだまだ悩みがスッキリしない…という方は、ココナラに相談して見てください。

\ 初めてなら初回30分無料

ココナラで相談してみる

人気記事【人気】メンズファッション通販おすすめランキング|洋服の選び方・系統別など人気ショップを紹介

人気記事メンズ洋服のサブスクおすすめ7選|ファッションレンタルが毎月届く定期便を徹底比較

人気記事【男性編】センスのいい腕時計ブランド15選|男性につけて欲しい時計はコレ

  • この記事を書いた人
まつぼ

まつぼ

おうちが大好きなwebライター。最近のマイブームはゲームを作ること。恋愛相談を受けることが多い独身アラサーだが、本人の恋愛観は結果ではなく、過程を楽しむスタンス。乙女ゲーの親友さながらに、悩める恋を応援したい。

-男性心理・女性心理