【女性が教える】恋愛感情が急に冷める女性心理とは?気持ちを取り戻すためにやるべきこととは

恋愛感情が急に冷める女性心理
彼女から急に「好きじゃなくなった」ってフラれたよ~!

たまにいる、つい最近までデートもしていた彼女から急に別れを告げられた気の毒な男性

好意があったと思ったのに、恋愛感情が急に冷める女性心理って何なのか。

まつぼ
まつぼ
男性には理解し難い女性心理のなかでも、割と難しめな気持ちです。

本記事の内容

  • 急に恋愛感情が冷める女性心理(交際前・後)
  • 恋愛感情が冷めた女性の心を取り戻せる可能性
  • 恋愛感情が冷めた女性の心を取り戻す方法・コツ

本記事を読めば、恋愛感情が急に冷める女性心理がよく分かりますよ。

さらには、離れてしまった女性の心を取り戻せるチャンスが巡ってくるかもしれません。

そもそも、急に恋愛感情が冷めること自体、女性にはよくあるのでしょうか?

Check

夜が寝れないほど悩んでいるなら、ココナラで相談してみましょう。

誰かに話すことでスッキリしますし、専門家に相談することで、第3者からの解決策を聞くことができます。

人気のカウンセラーに格安で相談できるので、ぜひ活用してみてくださいね

初めてなら初回30分無料 

ココナラで相談してみる

恋愛相談はどこでするのがいいの?
【無料あり】恋愛相談はどこでするのがいいの?悩み解決できるサービスまとめ

続きを見る


急に恋愛感情が冷めるのって女性にはよくあるの?

急に恋愛感情が冷めるのって女性にはよくあるの?

結論から言うと、女性の恋愛感情が急に冷めることはよくあります。

なぜなら、移ろいやすい女性心理は、恋愛以外の悩みや体調によっても大きな影響を受けるから。

特に敏感な女性だと、少しナーバスになると何もかも投げ出したくなってしまうのです。

まつぼ
まつぼ
とはいえ、ちょっとした法則性はありますね。

基本的にキッカケがないと冷めない

女性は理由なく、恋愛感情が冷めることは滅多にありません

キッカケありきです。

特に下記は、心変わりしやすいタイミングなので注意しましょう。

  • 普段と違う姿を見たとき
  • 他の女性の影を感じたとき

ギャップには、よい方向に転ぶタイプと悪い方向へ転ぶタイプがあります。

また、女友達が多いと女性は「付き合ってるのかな?」と誤解することも。

気になる女性と一緒にいるときは、極端な行動をとらない・他の女性の存在を匂わせないよう気を付けるべし

ただし恋多い飽き性な女性は冷めるスピードが早い

女性のなかには、恋多き魔性タイプもいます。

飽き性であることが多いので、恋愛感情の冷めやすさも覚悟しておきましょう

次に挙げる項目で、ひとつでも当てはまる女性には警戒しておいてよいですね。

  • 男友達が多い
  • ボディタッチが多い
  • 「好き」「カッコいい」など、よく褒めてくる
  • クリスマスなど、恋人と過ごすイベントが近くになると連絡が来る

常にスマホに連絡が来ている様子があれば、恋多き女性かもしれません。

まつぼ
まつぼ
好きになるのは止めませんが、飽きられない努力は常に求められそうです。

付き合う前後でも、女性の気持ちが冷める理由は異なります。

まず、付き合う前に恋愛感情が冷めてしまう女性心理から解説しますね

恋愛感情が急に冷める女性心理【付き合う前】

恋愛感情が急に冷める女性心理【付き合う前】

今から紹介するのは、気になりだしている男性がいても「ちょっと違うな…」と感じるケースです。

つまり、付き合う前に恋愛感情が冷めてしまう女性心理のこと。

せっかくいい感じに進んでいるのに、交際に至らず終わってしまうのは非常にもったいないですよね。

まつぼ
まつぼ
主な原因を順にお教えします。

脈なしだと感じたから

もっとも大きな理由は、脈がないと感じて身を引いているケースです

  • 恋人や好きな人がいると考える
  • 自分は相手の眼中にないと悟る

上記の理由を見る限り、ほぼ諦めから来る心変わりといえますね。

アピールしても靡いてもらえないと、女性は見切りをつけ、可能性がある男性へ進んでいきます

意中の女性と一緒にいるときは、スマホをいじらない・目を見て話すなどのコミュニケーションを大切に。

他に好きな人ができたから

女性側に別の好きな人ができる場合もあります。

今まで自分を好意的に見ていると感じていても、ずっと好きでいてくれる保証なんてありません

女性からの好意にあぐらをかいて、放置するなんてとんでもないことです。

 

「寂しいな」と思っていた時に別の男性が現れ、さらに優しくされればコロッといってしまう女性もいます。

寂しい時間を埋めて、一緒に過ごしてくれる人を選ぶのは不思議ではありませんよね

まつぼ
まつぼ
だからこそ、楽しい時間をたくさん共有することが大切ですよ。

恋愛している自分に満足したから

女性は、恋愛している自分に満足すると気持ちが冷めることがあります

つまり、寂しさを埋められて満足した…ということ。

  • 男性から好きだと言われた
  • 身体の関係をもってしまった

付き合う前なのに、例に挙げたあたかも付き合っているようなモーションはNG。

愛され過ぎた女性はゲームクリアのような感覚に陥り、お腹いっぱいになってしまうのです

だから「もうちょっと頑張れば彼と付き合えるかな?」くらいに思わせておくくらいでOK。

たまに行動によって冷めるケースもある

たまに行動によって冷める女性もいます。

一例ですが、いくつか出してみますね。

  • 意外と常識がなく、無知な人
  • お酒を飲むと人格が変わる人
  • 鼻をほじるなどの下品な所作など

私の場合、店員さんに横柄な態度をとる男性は苦手です…。

自分にいくら優しくても、本質は思いやりがない人なのだと幻滅してしまいます…。

二人きりの時と大勢でいる時とで印象が変わる人も、ちょっと怖いですね

まつぼ
まつぼ
ある程度のフラットさは保つように心掛けましょう!

さらに、付き合ってから恋愛感情が冷める女性心理にも迫りますよ

付き合ってから恋愛感情が急に冷める女性心理

付き合ってから恋愛感情が急に冷める女性心理

付き合ってから恋愛感情がなくなる女性も、当然います。

しかも、付き合う前よりダメージは大きめ。

「付き合ったら全然違った…」なんて幻滅されないためにも、要因になり得ることを知っておきましょう。

まつぼ
まつぼ
男性に非があるケースが多いので要注意!

嘘をつかれた

嘘をつくことは、相手の恋愛感情を冷ます一因になります。

彼氏から嘘をつかれた女性は、途端に相手を信じられなくなりますからね

男性が交際している女性に嘘をつく主なタイミングは、大きく2つ。

  • 浮気を隠す嘘
  • 見栄を張るための嘘

理由は何であろうと、女性は嘘をつかれた事実に大きなショックを受けるはず

たまに「彼女を傷つけないために嘘をついた」と話す男性もいますが、私からすると罪は一緒ですね。

まつぼ
まつぼ
結局は「彼女思いの自分を演出したいだけでは?」と保身に感じるので。

よい気持ちには絶対になれないので、必ず誠実な男性でいてください。

大事にされていないと感じた

男性から「大事にされていない」と感じた女性も、すぐに恋愛感情をなくしますね

下記のようなふるまいは、女性の心を傷つけてしまうことも。

  • ドタキャンが多い
  • メールの返信が遅い
  • 用が済んだら即解散
  • 「ブス」「頭が悪い」など、いじりがキツイ

女性は、今よりもっと愛されたい=大事にされたいときに交際を考える生き物です

まつぼ
まつぼ
付き合ってから大事にされないなんて、交際の意味はありませんよね。

万が一連絡が取れない・急用ができたという場合は、なんらかのフォローや埋め合わせを入れましょう。

決定的な価値観の相違に冷める

女性の恋愛感情を冷めさせないためには、価値観の相違にも注意が必要です

許容範囲を超えてしまう何かがきっかけになることも珍しくありません。

  • 食事の好み
  • 生活習慣の違い
  • セクシュアルの問題

学校や仕事の都合で生活リズムが合わない、スキンシップの度合いが違うなどは、割と侮れない要因です。

また、「食事の好みで恋愛感情が冷めるなんて…」と思うかもしれませんが、小さな綻びには十分なり得ます。

気の合わないことが多いなぁ→譲り合ったり話し合ったりするのがストレス→めんどくさいから別れたい…なんてよくあることですよ

付き合ったことに満足する女性もいる

イレギュラーですが、目的の男性と付き合えたことで満足する女性もいます。

男性からすると極めて理不尽なのですが、燃え尽き症候群の感覚に近い女性心理です。

  • 自分の魅力が通じる相手を確かめたかっただけ
  • 目標にしていたランクの男性と付き合えた達成感

恋多き女性など自分に自信のある女性は、腕試しにモーションをかけてくることがあります

さらに「次は年収1000万レベルの男性を落としたいな~」とただただ高みを目指している場合も。

ついに目標としていたステータスの男性と付き合えた瞬間、次の目標に切り替えてしまう傾向にあるのです。

まつぼ
まつぼ
男性としても打てる手はほぼないので、同じく次に切り替えるのが賢明かも。

恋愛感情が冷める背景が分かったなら、女性の心を取り戻せるのかも気になりますよね

恋愛感情が冷めた女性の心を戻すためには?

恋愛感情が冷めた女性の心を戻すためには?

残念ながら、恋愛感情が冷めた女性の心を取り戻すことは基本的に難しいことです

だからこそ、普段から女性を飽きさせない工夫や取り組みが前提にあります。

そう言われても、諦めきれないよ!どうしても彼女の気持ちを取り戻したいんだ!
では、茨の道を覚悟してもらった上でアドバイスします。
まつぼ
まつぼ

恋愛感情が冷めた女性の心を取り戻す確実な方法はありませんが、チャンスを見出すことは可能です。

30%で戻せるチャンスがあるかも

恋愛感情が冷めた女性の心を取り戻す可能性は、大体30%ほどです

…いかに難しいかが伝わったでしょうか?(笑)

ただし、あくまでケースバイケース。

 

冷め具合によって30%より厳しい場合もあれば、案外簡単に気持ちを取り戻せることもあります

「もう一回だけチャレンジしてみようかな?」くらいの気概で臨むのがよいのではないでしょうか!

自分磨き、周りの評判を上げると良い

女性の心を取り戻すには、自分磨きをして周りの評判を上げることが重要です

  • 筋トレをする
  • 難しい資格を取得する
  • 勉強や仕事で大きな成果を上げる

…といった切り口で、自分の市場価値を高めていきましょう。

そして、周りの口コミで女性へ届く可能性にかけてみてください。

自分で公言するのは恋愛感情が冷めている女性には響かないので、あくまで口コミで。

上手くいけば、「もったいないことをしたかも…」「また振り向いてもらいたい!」と女性のハートに火をつけるかもしれませんよ。

逆に距離を置くのはよくない

より気持ちが離れてしまうため、あえて距離を置くのはおすすめしません

相手の様子が分からなくなってしまいますし、恋愛感情が冷め切る決定打になることもあります。

まつぼ
まつぼ
「実はあと一押しすれば上手くいってた…」というもったいないパターンに入ると目も当てられません。

のちのち後悔しないためにも、ほどよい距離感をキープしておきましょう

感情的にならない・ごく自然に相手の視界へ入ること

女性の心を取り戻す注意点として、感情的にならないこと・自然に相手の視界へ入ることを徹底しましょう

つい焦ってデートにしつこく誘ったり、愛情を押し付けたりするのは逆効果です。

まつぼ
まつぼ
相手が気まずいので、二人きりにはならないように。

とはいえ、あまりに自分の存在をかき消す必要はありませんよ。

複数人の場には、お互いいるような状況がベストですね

相手の近況がよく分かるでしょうし、相手にも自分の様子が伝わりやすいはずです。

 

ほどよく自分の存在感をアピールすることがカギとなりますよ。

では、最後に恋愛感情が急に冷める女性心理をおさらいしましょう

恋愛感情が急に冷める女性心理:まとめ

恋愛感情が急に冷める女性心理まとめ

少しのすれ違いから、急に恋愛感情が冷めてしまう女性心理。

「きっと彼女はずっと自分を好きでいてくれる」…なんて高を括ると、痛い目をみることもあります。

男性から少し歩み寄ってもらえることで、女性にも心境の変化が訪れるかもしれませんよ。

恋愛感情が急に冷める女性心理:まとめ

  • 女性の恋愛感情が冷めるのは基本的にきっかけありき
  • 付き合う前に冷めるのは脈なしと感じた・他に好きな人ができた・恋愛している自分に満足した
  • たまに行動で冷めるケースもある:常識がない・酒癖が悪い・下品な所作など
  • 付き合ってから冷める女性心理:嘘をつかれた・大事にされてないと感じた・決定的な価値観の相違・付き合って満足する
  • 恋愛感情が冷めた女性は30%確率で気持ちを取り戻せるチャンス
  • 振り向かせるには自分磨きをして評判を上げるとよい一方、距離を置くことは逆効果
  • 感情的にならず、あくまで自然に相手の視界へ入るような距離感・存在感でアピールしよう

今までの女性や自分の言動を省みて、相手が求めているものは何かを紐解くこと。

女性の満たされない気持ちを分析し、埋めてあげることが恋愛感情を冷めさせない最善策です

冷めた気持ちを再熱させるチャンスはありますが、可能性は厳しめ。

 

普段のケアが何より大切だということを忘れずに行動してくださいね。

まだまだ悩みがスッキリしない…という方は、ココナラに相談して見てください。

\ 初めてなら初回30分無料

ココナラで相談してみる

人気記事【人気】メンズファッション通販おすすめランキング|洋服の選び方・系統別など人気ショップを紹介

人気記事メンズ洋服のサブスクおすすめ7選|ファッションレンタルが毎月届く定期便を徹底比較

人気記事【男性編】センスのいい腕時計ブランド15選|男性につけて欲しい時計はコレ

  • この記事を書いた人
まつぼ

まつぼ

おうちが大好きなwebライター。最近のマイブームはゲームを作ること。恋愛相談を受けることが多い独身アラサーだが、本人の恋愛観は結果ではなく、過程を楽しむスタンス。乙女ゲーの親友さながらに、悩める恋を応援したい。

-男性心理・女性心理