【系統別】男子大学生のメンズファッション&服装まとめ!私服に使えるきれいめ〜韓国コーデまで紹介

男子大学生の服装・メンズコーデまとめ

男子大学生の服装って、どんなのがお洒落かわからない…。

高校生→大学生から急に私服になるので、洋服選びに困る人もいますよね。

しかも毎日コーデを考えないといけないとなると、大変です。

あらた
そこで今回は元アパレル店員の僕が、おしゃれなコーデを系統別で紹介します!

本記事の内容

  • 男子大学生の系統別ファッション&服装
  • 各コーデのお洒落ポイントを解説

今回は着こなしやすいカジュアルコーデから、韓国風まで紹介します。

売ってる各ショップも載せたので、気になる方は詳細をチェックしてくださいね!

関連記事男子大学生はメンズ服をどこで買う?ファッション通販を5つ厳選

【系統別】男子大学生のメンズファッション・服装まとめ!私服に使えるきれいめ〜韓国コーデまで紹介

男子大学生におすすめのメンズファッション・服装をまとめました。

きれいめ、ストリート系、シンプル系など、人気の服装を系統別にピックアップしたので、参考にどうぞ。

きれいめ

画像:メンズファッションプラス

春先には、明るめカラーのコーチジャケットが大活躍◎

ベージュ系のライトアウターは、合わせるアイテムを選ばないため、汎用性もバツグンです

アンクル丈のパンツで、足元に抜け感を出すと、より軽快な印象に。

画像:WEAR

オーバーサイズのシャツは、いまっぽい着こなしがしたい人にピッタリです

落ち感のある素材のものをチョイスすると、キレイめな雰囲気に仕上がります。

淡いカラーで季節感を取り入れるのもアリ◎

画像:WEAR

プルオーバータイプのニットは、秋口から真冬までの長い期間で使えるアイテム

チャックを大きめに開けてインナーを見せると、おしゃれ度がアップします。

ローテクスニーカーとの合わせも、アクティブさが演出できるのでおすすめです。

画像:スプートニクス

トレンドのキルティングジャケットは、キレイめファッションとも相性バツグン

ノーカラーのすっきりとした首元に、モックネックやタートルネックを持ってくると、奥行きのあるコーディネートが完成します。

前を開けて着ることで、こなれ感のある着こなしに。

ストリート

画像:WEAR

ロンT×ハーフパンツで作る定番のストリートコーデに、シャツをプラス。

旬のたすき掛けスタイルで、アクセントをつけています。

ハーフパンツを履くときには、ミドル丈のソックスを組み合わせると、全身のバランスが整いますよ

画像:WEAR

夏場のスタイリングに物足りなさを感じたときには、ベストを羽織ると

薄手のものなら季節を問わず、オールシーズンで着用できます。

帽子やサングラスを含め、全身をモノトーンでまとめることで、一体感のあるコーディネートに。

画像:WEAR

秋のストリートコーデには、スウェットのセットアップが最適です

適度なラフ感が演出できるため、肩の力が抜けた着こなしに仕上がります。

お出かけ着としてはもちろん、ワンマイルウェアにもおすすめ。

画像:gocart

スタジャン×ワイドパンツで作る真冬のストリートファッション

トップス、アウター、ボトムスのすべてをビッグシルエットで統一して、トレンド感満載の着こなしに。

去年に引き続き、袖にデザイン性のあるものが大注目です。

シンプル

画像:メンズファッションプラス

色、柄、シルエットのすべてをプレーンなものでまとめることで、シンプルな着こなしが完成します。

クセがないため、着る人やシーンを選ばないのもメリット

特にベージュのチノパンは、1枚あると重宝すること間違いなしです。

画像:WEAR

シンプル派の人は、ワントーンコーデを要チェックです

スタイリングに失敗しにくいだけでなく、おしゃれっぽさを演出できるのも嬉しいポイント。

トップス、ボトムスともに淡いカラーで統一しつつ、黒のサンダルで全体の印象を引き締めています。

画像:スプートニクス

長袖シャツは、ライトアウター替わりに取り入れるのもアリ◎

長め丈のものをチョイスすると、大人っぽく着られます

ニット×パンツのコーディネートをカジュアルダウンしたいときにもピッタリです。

画像:WEAR

地味になりがちな真冬のシンプルスタイルには、カラーアイテムを取り入れましょう。

くすみカラーのボトムスなら派手になりすぎないため、違和感なく取り入れることができます

ほかのアイテムをベーシックなカラーで統一するのが、スタイリッシュに着こなすコツ◎

カジュアル

画像:メンズファッションプラス

デニムジャケットは、カジュアルコーデの定番アイテム

着るだけで、ほどよい男らしさやラフさをアピールできます。

ボトムスにはジョガーパンツを合わせることで、スポーティな表情に。

画像:WEAR

Tシャツとハーフパンツで作るカジュアルコーデには、サンダルや帽子でアクセントをつけるのがおすすめ

特にソックス×サンダルのレイヤードは、手軽かつ簡単におしゃれ度が上がるため、積極的に取り入れましょう。

清潔感のあるカラーのソックスを選ぶと◎

画像:メンズファッションプラス

コーチジャケットやパーカーは、トレンドを問わずに着用できるアイテムです。

パーカーのフードを出して着ることで、コーディネートに立体感をプラス

ボトムスに大流行中のジョガーパンツをチョイスして、いまっぽい着こなしに仕上げています。

画像:gocart

冬場には、コーデュロイ生地のアイテムが大活躍です

素材で季節感を演出すると、おしゃれ上級者っぽい雰囲気に。

深みのあるグリーンのカーディガンを羽織ると、トレンドライクなスタイリングが完成します。

韓国系

画像:SHEIN

きれいめなシャツ×ラフなパンツを組み合わせることで、韓国っぽいコーディネートに

ドロップショルダーのアイテムは、がっしりとした体型をカバーしたい人にもおすすめです。

袖をまくって手首を露出すると、適度な抜け感も演出できます。

画像:SHEIN

短め丈のショートパンツは、韓国系夏ファッションのマストアイテム

大胆に露出した足に対し、上半身は露出を控えめにすることで、大人っぽい雰囲気に仕上がります。

白と青を基調にしたコーディネートがさわやかでGOOD。

画像:スプートニクス

Yラインシルエットも、韓国らしい着こなしのポイント

ボリューム感のあるアウターにタイトなボトムスを合わせて、スタイリッシュなコーディネートに。

ボトムスとシューズの色味をリンクさせると、足長効果も期待できます。

画像:SHEIN

スウェットのセットアップにトレンチコートを羽織った、きれいめカジュアルスタイル。

ラフさときちんと感のバランスが絶妙で、クセになる着こなしです

ハズシとして投入したダッドスニーカーも、好アクセント◎

アメカジ系

画像:WEAR

デニムのセットアップでアメカジ感を全面に押し出したスタイル

一見難しそうなデニム×デニムの組み合わせも、セットアップのアイテムなら着るだけでおしゃれなムードに。

イエローのサボサンダルを履いたことで、春らしさが漂うコーディネートです。

画像:WEAR

長め丈のショートパンツは、肌の露出を控えたい人でも取り入れやすいアイテムです

ミドル丈のソックスを合わせると、さらに露出面積が狭くなるので、大人っぽく仕上げたいときにもGOOD。

ラインソックスとスポーツサンダルのレイヤードで、遊び心をプラスしています。

画像:スプートニクス

アメカジの定番といえば、チェック柄のネルシャツです。

レッド系やブラウン系などの秋カラーをチョイスすると、季節感もアピールできます。

きれいめに着たい場合には、プレーンなスキニーパンツですっきりと仕上げましょう

画像:gocart

ロゴスウェット×ワイドデニムで作る冬コーデ

オーバーサイズのアイテムでゆるいシルエットに仕上げるがいまっぽく、ストリートっぽさもミックスさせたスタイルです。

存在感のあるアクセサリーを付けるのが、野暮ったく見せないコツ◎

ユニクロ系

画像:ユニクロ

ユニクロらしいシンプルカジュアルコーデ。

ベースは黒でまとめつつ、ストライプ柄のシャツでさわやかな雰囲気を演出しています。

ワンマイルウェアから屋外でのレジャーまで、さまざまなシーンで着用可能です

画像:ユニクロ

シンプルなTシャツには、ポロシャツをレイヤードするとおしゃれ度がアップ

コーディネートに奥行きが生まれて、夏ファッションのマンネリを回避することができます。

デニムの裾をロールアップすると、抜け感のある着こなしに。

画像:ユニクロ

暗くなりがちな秋冬コーデには、鮮やかなカラーを投入することで、雰囲気がパッと明るくなります。

ワイドデニムと合わせてラフに着るのが、いまっぽいコーディネートのポイント

足元には革靴を配置して、ワンランク上のカジュアルスタイルに。

画像:ユニクロ

ダウンコートが主役の着こなし。

ユニクロのアイテムは、カラーやサイズの展開が豊富な点も大きなメリット

黒のワントーンコーデ×レッドのダウンで、メリハリのある着こなしが完成します。

ミリタリー系

画像:WEAR

旬のフィッシングベストを使ったコーディネート

カーキとオレンジのミリタリーカラーでまとめることで、統一感のあるスタイリングに。

ワイドなカーゴパンツは裾をロールアップして、シルエットを整えています。

画像:WEAR

ショートパンツタイプのカーゴパンツは、ミリタリー派のマストアイテム。

ハイカットのスニーカーを持ってくると、まるでブーツのような無骨さも演出できます

サングラスやブレスレットなどの小物使いもおしゃれ◎

画像:WEAR

シャツ×パーカーのレイヤードで、カジュアルな雰囲気が漂うコーディネート

しわ加工のカーゴパンツは、ラフなミリタリースタイルにピッタリです。

ロールアップした足元から見えるソックス×スニーカーの組み合わせもアクティブでGOOD。

画像:メンズファッションプラス

ミリタリー派は、モッズコートも要チェック。

長め丈のコートなら、防寒対策をしつつ、大人っぽい着こなしも実現します。

テーパードシルエットのパンツでシルエットを整えると、きれいめな表情に

古着系

画像:WEAR

ニットベストは、春先や秋口に大活躍するアイテムです

コーディネートのアクセントになるだけでなく、周囲と差をつけたいときにも◎

帽子とデニムの色味をリンクさせて、まとまりのあるスタイルに仕上げています。

画像:WEAR

全身をグレーで統一したワントーンコーディネート。

足元に配置した赤のスニーカーが、よく映える着こなしです

ヴィンテージ感のあるファッションを楽しみたい人にピッタリ◎

画像:gocart

大胆なデザインのニットは、コーディネートの主役に最適です

パーカーとレイヤードさせてストリートっぽく着ると、普段のファッションにも取り入れやすくなります。

柄物アイテムを取り入れるときには、ほかのアイテムをシンプルなもので統一するのが正解◎

画像:SPINNS

配色が個性的なナイロンジャケットは、意外と着回し力が高いアイテム

カーゴパンツやデニム、チノパンなど、合わせるボトムスを選びません。

秋冬コーデを華やかに仕上げたいときにも、重宝すること間違いなしです。

スポーツ系

画像:WEAR

モノトーンでシックに決めたスポーツスタイル

一見シンプルに見えますが、ロンTには総柄のアイテムをチョイスしており、センスを感じさせるコーディネートです。

ボリューム感のあるスニーカーは、スタイルアップしたい人や低身長男子にもおすすめ◎

画像:WEAR

コーデュロイ素材のハーフパンツで、サーフっぽさをミックスさせたコーディネート

サンダルを素足履きして、とことんラフに仕上げています。

お出かけ着にはもちろん、水辺でのレジャーやリゾートにも最適なスタイリングです。

画像:WEAR

スウェットとパーカーのセットアップは、ファッションセンスに自信がない人でも着こなせるアイテムです

サイドにラインが入っていることで、足長効果も期待大◎

インナーやスニーカーを白で統一すると、清潔感あふれるコーディネートに。

画像:メンズファッションプラス

パーカー×コーチジャケットの組み合わせに、スウェットパンツでスポーティさをプラス。

どのアイテムもオーバーすぎないシルエットのものでまとめているため、すっきりとした着こなしが実現します。

コーチジャケットの前ボタンは、開けても留めてもOKです。

男子大学生の服装:まとめ

今回は、男子大学生におすすめ服装・系統別ファッションを紹介しました。

各系統別にお洒落なコーディネートをピックアップしたので、真似するだけでハイセンスな着こなしが完成しますよ♪

普段から2~3系統に厳選すると、着回しの面でも便利です。

ファッションで周囲に差をつけて、キャンパスライフを楽しみましょう。

関連記事男子大学生はメンズ服をどこで買う?ファッション通販を5つ厳選

大学生はメンズ服をどこで買うの
【秋冬】男子大学生はメンズ服をどこで買う?ファッション通販を5つ厳選!流行の服でおしゃれになろう

続きを見る

  • この記事を書いた人

あらた

過去の恋愛経験をもとに、情報を発信しています。中学生から洋服に興味を持ち、高校時代のバイト代は全て服に費やしました。大手アパレル店員の経験もあって、ファッションに関してはちょっと詳しいです。

-マネキン買い・メンズファッション通販